ブログトップ

天辺から爪先まで

tpntmsk.exblog.jp

<   2010年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ろくぶんのいち

もう2月が終わってしまう。
ということは2010年の6分の1が終わるということで。
は、はやい!

たまにはふつうの日記?など。
日記の断片から振り返ってみます。


■1月
某日:ムジカ。
『年明けムジカでロケンロー!お年玉付き』(2000円お年玉2ドリンク付き)
ほりゆうじ/チナスキーランチボックス/奇妙礼太郎トラベルスイング楽団/吉田省念と三日月スープ/
出張!アチャコ&サンデーの万歳フォーラム

せいこさんの着物姿がとてもかわいかった。
ほりさん!カレーソング二連発とか、殺し屋ジョー2010バージョンとか。大きくなったマリオがなにかにぶつかってまた小さくなったみたいな!は名言だと思う。
奇妙さんがちょっとふっくら。かわいい髪形。ちなみにトラベルは本日5人編成。
省念さんとこのゲストはしじょうさん(おやつ、ドラヒップ)マラカスもって登場。あの歌い方はなかなかまねできない。かっこいい。
万歳フォーラムは、書けないこと多数。 「土の下、座れ」!
ライヴ初め完了!いいスタート切れました!


■某日:中崎町 PLANET+1
映画「ライブテープ」観賞。 (松江哲明監督)http://spopro.net/livetape/

前野健太というミュージシャンが、一年前の元旦、吉祥寺の街を歌いながら歩いた
1カメで、1カット、74分撮りっきり、一度きり、ゲリラ演奏。 途切れることなく続く。
時折、前野さんの心がすけるような、監督の言葉も姿もスタッフのなにかゆれるさまも。なにもかもがさらされるような。
ドキュメンタリーというより、私小説的な。
そういう映画でした。(最初はプライベートなもので、公開する予定もなかったそうです)
胸がしめつけられるようなところも少し笑ってしまうようなことも
喜怒哀楽じゃないところのなにかがゆれて思わず泣いてしまったところもありました。
アドレナリン、でますよね。
この時期にみれてよかったと思いました。
あとのトークショウで、偶然が必然に見えるんです、とかいろんなことが聴けて、もう一度最初からみたくなりました。


■某日:玉造 由苑
『オイシイオンガクmenu.8』  ★振る舞い甘酒&振る舞い黒豆つき★
オガサワラヒロユキ/藤原弘尭/原田茶飯事

ライヴ会場にエプロンの女子がいるのはなにかどこか和む(オーガナイザーのコイケ嬢とemi嬢。ふるまい甘酒&黒豆)
由苑マジックなのか、猫(写真)もよかったのか、それぞれがいいヴァイヴスを発してるかのようで、なんかすごい和んだ。冬ならではのあのあたたかさ。懐かしくてほっとするような。


■某日:難波ROCKETS
三ツ目企画『呪解武vol.13~オールナイト~』(ただし私は日帰りコース。)

DRINKPED/ドナドナ/千日前プロレス/ユームラウト(東京)/日本メルヘン(exレシーバーズポンポンヘッド)(東京) /ASAYAKE01

えべっさんしかも本宮で、なんばのロケッツまでの道路がえらいことになっていた。
車通行禁止、縁日状態。ひたすらワールドワイドな食べ物のるつぼ。
渋谷の街のオールナイト明けの道路をふと思いだす。所謂裏になる、ロケッツ前の歩道はゴミダメと化していた。
ロケッツのトイレ(実は南海電車所属)はえべっさんのひとがどかどかくるため常に長蛇。

千日前プロレス~日本メルヘン~ユームラウト~ASAYAKE01などみて帰る。
マッカーサーもキンブラも見たかったなあ。アチャコさんには少し会えたけど。。。
ASAYAKE01さんにはリクエストきいてもらえて嬉し!
日本メルヘンを陳さんと並んで観るフシギ。
ユームラウトはこれからを感じるバンド。
行くまでほんとドキドキしたけど、いってよかった。


■14日
さよならをする。いつかは私も骨だけになり、いなくなる。メメント・モリ。R.I.P.


■某日:3Qホリデイ!!!
(ここにも書いたので割愛)


■某日:大阪九条 路地裏食堂アドゥマン http://adwuman.blog52.fc2.com/
「路地裏食堂の夕べ」(企画:夏のあくび)
前野健太さんソロ。
限定20名のライヴ

前述のライブテープをシネヌーヴォで上映中なので、その後、みっちり。
アドゥマンいいお店。バネさんのお店なのですね。
前野さんはすごい声量で、心臓にどっくどっく来る感じだった。
多分あの場に居合わせた人はみんな満足したんじゃないかな―と思う。
120出てたよね。


この日はダブルヘッダー(?)で
このあと、十三ファンダンゴへ。
千葉のaieとアストロラブを久しぶりにみたかったのだけど
アストロラブ終わってた…。関西だし、どっかでまた…。
aie、メンバーインフルエンザの為サポートで乗り切り、めっちゃよかったけど3曲は短すぎた。

ハイテンションセックスガールはバッキバキだった。勢いあるなー。
あとはいからさんがある意味メンバーのようだった(カリスマ客。カリスマ個人イベンター。笑)。

最近は自分の好きの振れ幅を確認するみたいな。そういうの。
すごいポップなのも好きだし穏やかで優しいのも好きだし、重いのや激しいのや…その表情のいろいろを。
今まではどっちも好きってなかなか言いづらかったけど
あとここまでは好き、ここからはちょっと無理、とか。
どこが好きなんだろ?とか。
いろいろ気になることを確認する日々である。


■某日:友人とランチ。久々!いろいろ話す。
のち、フライヤー配り。


夜はサンスイで
『SLOWTIME COMMUNICATION』

傷だらけのB-BOY/Octavio/前川サチコ/カナディルフィール/谷村じゅげむ(ワッツーシゾンビ)/奇妙礼太郎/キイリョウタ/Az catalpa ito
【PHOTO ART】 衛藤キヨ子
【CANDLE ART】match point
【FOOD】 aroa

ラウンジライヴとステージライヴ、転換の待ちなしに進む。正しくは数分、あくんだけどそれが絶妙な間で。
match pointさんの大小とりどりのキャンドルがあたたかに灯るなか
プロジェクタで写真が壁に写され、フードはいい匂いで食欲をそそる
そういう中でのライヴ。

音があまり気にならないスペースがあるのはいいなと思う。常に爆音だと話がしづらいし大きな声でしゃべるのは思いのほか疲れるもの。
Az catalpa itoってASPのアズさんで何度もみたことあるんだけどソロははじめて。
バンドネオンでビョークのように歌う。 これがもうほんとに好みで、よくて。身じろぎせず見入ってしまった。
キイさんも気遣いのある人だなあとあらためて思う。


翌日くらいから少し前からぐずっていた風邪が悪化。
もしやインフルエンザでは?とおののくも、急に熱があがるでなく、微熱ダラダラ。
週末一歩も外にでられず、ひたすら寝る。いくらでも寝れる、ということはつまりは体が休みを欲していたということだろう。

まだ一月終わったとこですが、一旦送信。
[PR]
by tpn-tmsk | 2010-02-27 15:36 | *日々是(いろいろ)

めが、みっつ。終了しました。ありがとうございました!

「めが、みっつ。」終了しました。ありがとうございました!

c0209182_2337787.jpg


Octavio×ZOMBIE FOREVER 『めが、みっつ。』
「グーミ/めが、みっつ。」レコ発in大阪

c0209182_23335730.jpg


【LIVE】

●NISEUO cosmic-chang mothership progress
c0209182_2338399.jpg


●キツネの嫁入り(京都)
c0209182_23391669.jpg


●NOVOS NANIWANOS
c0209182_23394356.jpg


●Qurage(山形)
c0209182_23401864.jpg


●Octavio
c0209182_23405621.jpg


●goomi(千葉)
c0209182_23415741.jpg


【DJ】
●FLYASH
●arubejio (写真がないです…ごめん!)

c0209182_23423585.jpg



【最後まで残ってくれた方全員に『ZOMBIE BOOK~大阪編~』をプレゼント!】
↑もらっていただけましたか?
ちなみに私のインタビューものっけていただいておりました。うわー。恥ずかしい。
激しく恐縮です…すみませんふつうのひとなのに。
ゾンフォーに成長させていただいております。(笑)


そんなわけで当日はスタッフとしてバタバタしていたためレポをかけるほどライヴは見れてないわけなのです。

時間がおしてしまって、終演が遅くなったり、立ちっぱなしで疲れた方もいらっしゃるかも、、、申し訳ありませんでした。
でもいい音楽の前にはいろんなものが浄化されるような気がする…と終わった時のフロアのたくさんの笑顔をみて思ったのでした。

グーミ、都内ではもうすっかり人気者なのですが、大阪では初ライヴでした。
みていただいたみなさんには衝撃だったのではないかと思います。
一斉にまきあがるシャボン玉、音に色があるなら、きっと鮮やかなんじゃないかな。


この日出演したアーティストのこれからを期待して一緒に見続けてください。


さて、これからはこのブログと仲よくなるために更新に力をいれようと思います。笑
こうご期待(あーあ、ハードル自分であげちゃった。。。)
[PR]
by tpn-tmsk | 2010-02-10 23:54 | ”めが、みっつ。”

”めが、みっつ。”当日です!

いよいよ「めが、みっつ。」当日です。

大阪のOctavio と 山形のZOMBIE FOREVER による共同企画です。
さて、どんなイベントになるでしょう。ライヴってその名の通り、ナマモノなんですよね。
スタッフの私もとても楽しみです。

突然行こうと思った、今日イベントがあることを知った、うっかり予約を忘れていたなどございましたら、まだ間に合います。
前売り料金でお取りおきいたしますので
お名前と枚数を
chikaduku@gmail.com
へご連絡ください。
開場ギリギリまでお待ちしております!
お問い合わせもお気軽に。

ぜひお越しくださいませー!


******

■-Octavio×ZOMBIE FOREVER presents-
『めが、みっつ。』
goomiレコ発in大阪

■日時・料金
2010年2月7日(日)
OPEN 17:30 START 18:00

【前売】2000円【当日】2300円(1drink別)

■会場
梅田RAINDOGS 【http://www.raindogs-web.com/

【LIVE】
goomi(千葉) 
Qurage(山形) 
キツネの嫁入り(京都) 
NISEUO cosmic-chang mothership progress
NOVOS NANIWANOS
Octavio

【DJ】
FLYASH 
arubejio 

******

日本全国さまざまなアーティストと交流しつつも、地元山形でも盛んに活動しているアーティストQurage主催のレーベルZOMBIE FOREVERからリリースしたgoomiのリリースツアー大阪編!地元大阪で『どろにんげん』を初め、さまざまなイベントを発信しているOctavioとZOMBIE FOREVERの共同企画により強力なメンツでgoomiを出迎える。

※イベント特典※
イベントの最後まで残ってくれた方にはZOMBIE FOREVER発信の情報誌『ZOMBIE BOOK~大阪編~』をプレゼントしますので是非最後までイベントをお楽しみ下さい。



チケット予約
info@zombie-forever.com
または
chikaduku@gmail.com
で受け付けています。
[PR]
by tpn-tmsk | 2010-02-07 11:19 | ”めが、みっつ。”

日曜日のお誘い

風邪引いて、治りかけたら仕事に追われておりました。

もう日曜日なのです。いつもイベント間際はバタバタします。

グーミがやってくる!と私は嬉しくて
はじめて見るバンドも人もいて、その出会いもまた楽しみなのです。



■-Octavio×ZOMBIE FOREVER presents-
『めが、みっつ。』
goomiレコ発in大阪

■日時・料金
2010年2月7日(日)
OPEN 17:30 START 18:00

【前売】2000円【当日】2300円(1drink別)

■会場
梅田RAINDOGS 【http://www.raindogs-web.com/

【LIVE】
goomi(千葉) 
Qurage(山形) 
キツネの嫁入り(京都) 
NISEUO cosmic-chang mothership progress
NOVOS NANIWANOS
Octavio

【DJ】
FLYASH 
arubejio 

******

日本全国さまざまなアーティストと交流しつつも、地元山形でも盛んに活動しているアーティストQurage主催のレーベルZOMBIE FOREVERからリリースしたgoomiのリリースツアー大阪編!地元大阪で『どろにんげん』を初め、さまざまなイベントを発信しているOctavioとZOMBIE FOREVERの共同企画により強力なメンツでgoomiを出迎える。

※イベント特典※
イベントの最後まで残ってくれた方にはZOMBIE FOREVER発信の情報誌『ZOMBIE BOOK~大阪編~』をプレゼントしますので是非最後までイベントをお楽しみ下さい。


=============================================================

【LIVE】

■goomi 
c0209182_23215950.jpg

http://www.myspace.com/goomi678
チェブラーシカもキュートに脱帽。 アングラポップを提唱する21世紀のスタンドバイミー。2004年8月1日、千葉県にて結成。『おとこひとり+おんなふたり』という羨ましい形態にて合唱を得意とするギターとバイオリン小畑、ベース藤井、ドラム飛田の変則3ピースバンド『グーミ』。
2005年に『1st(廃盤)』、2007年に『2nd』を自主制作にてリリース。そして2009年10月、注目のレーベルより3rdアルバム『めが3っつ』を発売。
http://goomi.jp/


■Qurage 
c0209182_23231535.jpg

http://www.myspace.com/qurage
山形在住。ZOMBIE FOREVERを主宰するmokkoによるソロプロジェクト。
2004年「YAMAGATA UNDERGROUND ORIGINAL FREE FOLK」を掲げ活動を開始。『うた』と『フォークギター』に『TOY DUB(トイダブ)』を重ね合わせたバックサウンドを取り入れ変幻自在に形を変える。
USインディーを中心に海外アーティストとも数多く共演するなど、すべて日本語ながらもワールドワイドな活動をしている。
http://www.zombie-forever.com/qurage


■キツネの嫁入り 
c0209182_23234270.jpg

http://www.myspace.com/kitunenoyomeiri
アコギとアコーディオンが奏でる、どこか異国の地のようで懐かしい地に迷いこんだような
メロディとパーカッションが繰り出すリズムは、変拍子を織り交ぜプリミティブに聞く人の心を打つ。
紡ぎだされる歌は、あまりに日常的で普遍的かつ懐疑的でもある言葉の数々。
聞く人は、忘れていたことを思い出し、気がつかなかったことに気がついてしまう。
京都という土地から派生した音楽は、京都という街に千年来居座る負の妖気すら呑み込んで
音楽を生み出してしまった。その音楽、即ち「キツネの嫁入り」。
2009年11月25日gyuune casetteより1stAlbum リリース!
http://www.madonasi.com/kitune/


■NISEUO cosmic-chang mothership progress
c0209182_23241589.jpg

http://www.myspace.com/niseuocosmicchangmothershipprogress
鳥だ!!飛行機だ!!いやあれはニセウオマザーシップだ!!
地球から1億光年離れた”おもちゃの惑星ニセウオ”からやってきた、 サーカス的楽団。
ヴォーカル、トランペット、マリンバ、トロンボーン、サックス、ピア ノ、オルガン、ベース、ドラムの編成で自作オブジェやおもちゃを用いた、喜劇やオペラを彷彿とさせるステージはあらあら大変、びっくりぎょー てん摩訶不思議!!!

2007年9月にファーストアルバム「NISEUO cosmic-chang mothership progress」と他3枚のマキシシングルをリリース。無料テキストを配布中。
http://www16.ocn.ne.jp/~niseuo/

■NOVOS NANIWANOS 
c0209182_2325361.jpg

http://www.myspace.com/novosnaniwanos】 
「愛!アホ!情熱!」・・・・1993 年、大阪に結成されたナニワの死と絶望を歌う、ロッキン・マーチング・バンド。
ブラジル北東部のお祭り音楽 FREVO に、パンクの精神と演歌の心をMIXしたその非常識で、うれしはずかしのオルタナ音楽は、近年インターネットを通じ、かの国ブラジルで話題に。
2007年のFASION RIO で は、人気ブランド 「Sommer」ショーのテーマBGMに選ばれ、MTV BRASILやロイターブラジルをはじめとする 各種メディアに取りあげられるなど、今やカエターノやジルやアルマンジーニョも知っている、和製トリオ・エレートリコの鬼っ子。
http://novos728.web.infoseek.co.jp/


■Octavio 
c0209182_23253970.jpg

http://www.myspace.com/octavioweb
2008年より、声、アコースティックギター、ジャンベ、鉄琴、ピアニカ、シェイカー等の生楽器を主体とした4人編成によるライブを中心に活動する。
1本の木を囲み円陣を組むスタイルで行われるステージから繰り出される音はいくつもの創造的風景を彷彿させ、掛け合い混ざり合う4人の音は時に浮遊し、時に乾ききった音の塊として一体となる。
旅、巡礼、儀式、祭、風景、砂漠、、このようなイメージに興味をお持ちの方はぜひライブ会場に足をお運びいただきたい。2009年より矢谷ウメ子との共同イベント『どろにんげん』を主催。
http://sound.jp/octavio/index.htm


【DJ】

■FLYASH 
c0209182_23262040.jpg

http://www.myspace.com/1001261497
国内外のアンダーグラウンドな音源(ヴァイオレントなハードコアから牧歌的なエレクトロニカ・インディーロックまで)をひとつにまとめ、ディジュリドゥ(アボリジニの伝統楽器)を同期して有機的なグルーヴを作り出すDJ兼…ディジュリドゥ奏者。


■arubejio 
c0209182_2326558.jpg

http://www.myspace.com/1000894309
Octavioのライブ用BGMの選曲での好評価をきっかけに、自らDJとしてフロアに這いずり上がって来たニューカマー。ポストロック、エレクトロニカ、アンビエントなど決して踊ることだけに限定しないサウンドも取り入れ、会場においしい空気をひねり出す。



そんなメンツが一堂に介します。

あ、レインドッグス、フードもドリンクも美味しいですよー。

c0209182_23273085.jpg
 


オクタビオならではの自由でわくわくするよいブッキングだと思います。ぜひ!

私もスタッフで参加します。



チケット予約
info@zombie-forever.com
または
chikaduku@gmail.com
でも受け付けています。
[PR]
by tpn-tmsk | 2010-02-04 23:30 | ”めが、みっつ。”