ブログトップ

天辺から爪先まで

tpntmsk.exblog.jp

カテゴリ:*ライヴやオンガクのこと( 4 )

ぱわふるぱわー!

天辺から爪先までvol.4無事終了しました。
ありがとうございました。
直前告知期間にミクシイがつながらなかったりパソコン調子悪かったりiPhone打ち間違えたり、告知が甘かったのは反省しきりですが
いいライヴいい雰囲気で終えることができて一安心
したら風邪引いたという…

また詳しくは書くつもりです。近日中に。
お客様、出演者のみなさん、アートヤードのみなさん、アーティストの柿川健太さんにはほんとに感謝です。
楽しかった!
今回は細かな試みもちょいちょい取り入れてみました。
またこういう形式でもやってみたいなと思っております。


そして今は次に向かっております。
10月17日(日)
10月25日(月)
両日とも南堀江Knaveにて
ただいまブッキング中
もうすぐ情報全貌公開できるかと思います。


の前に!
9月7日(火)本町バルベスにてイベントがあります。
私もご縁があってお手伝いさせていただくことになりました。
以下主宰であるのすみさん(Octavio)の告知文を添付します。

*****

この度、個人的にとある知り合いづてにより北海道出身、アメリカで活躍する日本人アーティストと、同レーベル所属の女性アーティストのツアー大阪編を企画することになりました。
PWRFL POWERという、アメリカンなメロディや旋律にプログレッシブでテクニカルなギター、弾き語りの可能性を大きく広げてくれるような素晴らしいアーティストです。
場所はたかちゃん(fromリュクサンブール公園)が働くクスクスなど民族料理とお酒のおいしい素敵なお店バルベスにて!
対する今回の大阪アーティストnaam'さんもエレクトロ×アコースティックな超素敵音楽です。
そしてわたくしPAのすみ、ええ音出します!ええ空気出します!
お友達などお誘い合わせの上、ぜひ。
終わったらバルベスで宴会しましょう。
ぜひ遊びに来てくださいお願いしまーす!
今から予約受け付けます!
sumino_kazuki@yahoo.co.jp
宛に予約された方全員に
PAのすみpresents『夏の終わりにええ感じの空気を出すやつ』
をプレゼントします!
よろしくー!

9/7(火)@うつぼ本町Bar Barbes(バルベス)

開場19:30/開演20:00

料金
前売1000円/当日1500円
(+1ドリンク代)

『PWRFL Power & Cap Loli tour in Osaka』

【LIVE】
PWRFL POWER(http://halfyogurt.blogspot.com/
Cap Lori
naam'

【PA&BGM】
PAのすみ

■Barbes(バルベス)
大阪府大阪市西区靱本町1丁目3-27(うつぼ公園のすぐ近く!)
※大阪市営地下鉄四つ橋線本町駅 25番出口より徒歩3分
06-6447-0755
http://hap-barbes.com/


*****

みといたほうがいいよ!と友達なら薦めます、間違いなく。
私宛にメールいただいてももちろんOKです。
ぜひぜひ遊びにいらしてくださいー!
[PR]
by tpn-tmsk | 2010-08-25 14:46 | *ライヴやオンガクのこと

3Q Holiday!!! と Qurageの映像

UPしたつもりが更新失敗していた模様。涙
もとい。

先日、日帰りで東京に行ってきました。


『3Q Holiday!!!』

c0209182_0312997.jpg


2010.1.17.sun@mona records
12:00 open/12:30 start

Quinka,with a Yawn
Qurage(yamagata)
Quesa(kyoto)

DJ:miett-one


3人のQによるイベント。
ランチタイムのライヴ。
あっ行けるじゃない、と思いまして。
出演者(サポート含め)みんな見たい人ばっかりでしたし。

私の記憶ではモナは二階でライヴと思ったら、三階がライヴスペースになっていました。
二階は今、カフェとCD販売のみなんですね。

c0209182_0324327.jpg


開場すこし遅れたけどまあ想定内。
入ると知ってる顔がたくさん。
ここどこ?(笑)
下北なのにアウェーな感じがしない(笑)

今日はBLTサンドのランチがついたメニュー。
がっついたので写真撮り忘れました(いつものこと。)



■Quinka,with a Yawnはトルネード竜巻のフタキさんがサポートギターで。
今年のライヴ初めだそうで、ライヴ初めはカバーが多いらしく、この日はスマパンの1979とLa'sのThere she goes、トルネード竜巻のカバーをオリジナルに交えて。
音の重ね方、空気感、よかったです。
ゆるやかで穏やかな時間。


■二番手はQurage
畑違いとか普段はハードコアとやってるとか言ってましたけど(自虐MC(笑))
イベントのよいフックになってました。
MCはモナの3階のトイレ(男性用)の屋根がなぜか斜めとか、昼のイベントは三度目くらいでフェスでQurage見たら味噌汁さめたと言われたとか、山形なにもないけど最高とか。
ラストにやったひこうき雲ではゆうじさんがゲストで。
おもしろいドラムでの味付けでした。

1.また、よろしくね
2.さがみはら
3.私たちの幽霊
4.ドローイング
5.私の感触
6.ラブレター
7.ひこうき雲(with田中佑司さん)


■トリはこの日の企画者でもあるQuesaさん。
ブログから拝借です。

Quesa サポートゲスト
ほざきまゆみ
田辺玄
田中佑司
野島亮

1 川辺をゆく
2 Thank you*holiday!
3 日常に近い人
4 みず色メロディ
5 ネコ、夢見る。
6 喜びは食卓に哀しみはトイレに(WATER WATER CAMELカバー)
7 うそつき

イベントのために作ったというThank you*holiday!がチャーミングな歌で。
喜びは食卓に哀しみはトイレにというキャメルのカバー、この曲の持つ母性性ってすごいなあ…。
いつもと違うタイプの音、おもしろいアレンジでそれも聴きごたえがありました。
普段はクラシカルだけど、この日は音響系っぽい。いろんなアプローチがあるんだなあ、って。
音楽って奥が深いです。


ここで最近入手したムーヴィーカメラで撮影してきた動画を!



Qurageの「さがみはら」です。

ちなみに勢いでチャンネルも作りました。
http://www.youtube.com/user/robiTpnTmsk
一挙に5曲あげていますのでぜひ見てくださいー。

*****

さてそのQurageが再び大阪に来ます!グーミとともに!
先日のライヴ後に少し話をしたのですが、いろいろスペシャルなことも考えているようです。
確定したらいち早くお知らせしたいと思いますのでよろしくお願いします!

大阪のOctavio と 山形のZOMBIE FOREVER による共同企画です。


▼2月7日(日)@梅田RAINDOGS

Octavio×ZOMBIE FOREVER
『めが、みっつ。』
「グーミ/めが、みっつ。」レコ発in大阪

OPEN17:30 START18:00
前売 / 2000円 当日 /2300円(1drink別)


【最後まで残ってくれた方全員に『ZOMBIE BOOK~大阪編~』をプレゼント!】

【LIVE】
●goomi(千葉)
●Qurage(山形)
●キツネの嫁入り(京都)
●Octavio
●NISEUO cosmic-chang mothership progress
●NOVOS NANIWANOS
【DJ】
●FLYASH
●arubejio



チケット予約
info@zombie-forever.com
または
chikaduku@gmail.com
でも受け付けています。
[PR]
by tpn-tmsk | 2010-01-22 00:44 | *ライヴやオンガクのこと

2010年あけましておめでとうございます!

今更ですが
あけましておめでとうございます。

今年はこのブログ、ふつうに活性化していきたいです。
クローズドではなく、外に発信するブログとして。
どうぞよろしくお願いいたします。


さて、年またぎはカウントダウン系は行かずに、家で雑事にあけくれました。
事情もあったのですが、まあたまには。(笑)

2010年がはじまりましたが、皆様もうライヴ初めしましたか?

私の2010年ライヴライフは
1月3日ムジカジャポニカにはじまりました。
『年明けムジカでロケンロー!お年玉付き』(2000円お年玉2ドリンク付き)
ほりゆうじ/チナスキーランチボックス/奇妙礼太郎トラベルスイング楽団/吉田省念と三日月スープ/
出張!アチャコ&サンデーの万歳フォーラム

それから1月6日、カフェバー由苑の新年会
清水あつし(ジェイムス)/田渕徹/奇妙礼太郎
もちつきで参加(笑)

1月8日
映画ライブテープ(中崎町 PLANET+1)
松江哲明監督と前野健太さんの舞台挨拶(トークショウ)
映画だけどライヴでした。
見れる状況にある方はぜひみてください。賞云々を抜きにしても音楽が好きな方ならなにか感じるところがあるのではないかと思います。
ライブテープのオフィシャルサイト
http://spopro.net/livetape/

1月9日
オイシイオンガク@カフェバー由苑
オガサワラヒロユキ/藤原弘尭/原田茶飯事
★振る舞い甘酒&振る舞い黒豆つき★

1月10日
難波ROCKETS
三ツ目企画『呪解武vol.13~オールナイト~』ただし私は日帰りコース。
三ツ目/マッカーサーアコンチ/カッパマイナス/壊れかけのテープレコーダーズ(東京)/NOT GREAT MEN(東京) /s-explode(埼玉)/trespass(神戸)/キリングマネーズ/DRINKPED/ドナドナ/KING BROTHERS(西宮) /千日前プロレス(千日前)/ユームラウト(東京)/coul(茨城)/ガガキライズ(東京)/日本メルヘン(exレシーバーズポンポンヘッド)(東京)/DJ CREW(KANCHOU.)

て書くほどには見れてないんですが。日帰りだったので。
えべっさんの本宮とかぶっててロケッツ周りカオスでした。
千日前プロレスは知り合いがスタッフなこともあり、前々から興味があったのですがようやくみれました。
ロケッツのカサゴさんがレフェリーで「楽しくタイトに!」っていう言葉に爆笑。

そんな感じです。
とばしてるかな?(笑)

今年は、見たいのはがっついてでも見たいなと思っておりまして。(笑)
時間はひねり出してでも作る、という気持ちで、見たいという気持ち優先で。でも先約は大事にして。
なので決まったら早く告知してくださいとアーティストには節にお願いしたいです。

さて、一か月を切ったのですが、イベントのお知らせがあります。
また夜に書きます!
[PR]
by tpn-tmsk | 2010-01-11 17:29 | *ライヴやオンガクのこと

circeとQurage

あたらしいPCが届きましたが、まだ慣れなくて四苦八苦。
ひさびさのwinです。
環境が整ったので、いろいろやってみたいと思うことがあります。時間との折り合いですが、私、何事も時間がかかるんですよねえ。
入手して半年でやっとフラフープ回せるようになったくらいだし。

もとい。
もうcirceとQurageのスプリットツアー(関西)から一週間が経つんです。
早い!
うかうかしてると11月21日もあっという間にきてしまうー!
昨日ひとりミーティングを決行しました。(ただ自習のようなもの)


さて、関西ツアーのこと
と言っても私はQurageはともかく、circeに関してはワタクシ素人です。
tera(マリンバの寺内さんのソロ)を一度三茶で見たくらい。
が故に楽しみでもありました。

4本中、大阪神戸はアコースティックセットで、京都2本は爆音フルセットでした。
それに加え、場所が変わりお客さんが変われば、ライヴのイメージはまったく違うものになる。

なにかに似てる、というとか、よくあるじゃないですか、●○好きな人なら必聴オススメ!みたいな宣伝文。
わかりやすい反面、イメージを固定するので両刃だなと思うのですが、きっかけとしてはとっつきやすい。
一番いいのは実際に見て聞いてなんだけど、そこまでのきっかけを作るのに言葉って結構大きい。
カリスマセレクター?リスナー?バイヤー?の言葉とか(勿論私にカリスマ性は皆無です!)


実のところ、Qurageに関しては知り合いからは
●全くコメントがない(基本そういう人なので)
また他の知り合いからは
●線が細い人
ということを聞いていたのですが
私がはじめてみた印象は
●HARCOをオルタナにした感じ?でした…
●線が細いのは見た目だけの話で中身は…いや、この人一筋縄ではいかないでしょ!でした。
どうだろう?どうでしょう?
いろんな音楽をとおってきた人という印象もありましたけど。
今も見るたびに引出の多さというか、底なし沼か!というような印象を受けます(ほめてます)。


circeは、マリンバ(木琴)(寺内さん)とギター(野内さん)、ドラム(アコーディオンなども)(星さん)にサポートで(毎回ではないけど)Qurage(mokkoさん)のトイダブ(トイです。おもちゃ)、サポートのmiyamoさんのクラリネット、アンデス、グロッケン、ピアニカなどが加わります。
どこかぬくもりのある音が印象的。でもユルいわけではない。
クール?クールだけでもない。
ユーモアはある。でも笑わせる感じではない。
難しくはない。でも単純でもない。
アンビバレンツと言えばそうかも。
イメージ以上にcirceは動物的、というか。それはロックとかエモいとかいう言葉に置き換えてもいいかもしれない。 言葉に頼らない分、感情は音に宿るから。
知的とかアートっていうだけではない。あの心がざわつく感じはそれだけではない。
棚に並べるとしたら、インストものの中、あとトクマルシューゴさん、ICHIさんとかと並べるかな?
やっぱりサントラとか物語とかいうイメージがつよいかも。
最初は俯瞰で眺めているつもりでも、気がつくと中に入り込んでしまっている、そういう感じはどこか本を読む感覚と似ていると思います。

説明しづらい!
circeのALのことを「見えそうで見えない」と森さんがMCで言ったのは、案外そういうことなのかもしれないですね。
とにかく私は好きです。いろんな人に自信をもってみてほしいとオススメできる。
関西ではまだ知らない人も多いと思うんですけど、だからこそ今見てほしいと思います。



@神戸bucato cafe
c0209182_11434720.jpg


c0209182_1144520.jpg


@京都アバンギルド
c0209182_11442152.jpg


ちなみに、大阪~神戸はラフな格好だったのに、京都ではシャツなので「どうして?」と尋ねたところ、
もともとシャツ姿がデフォルトだそうで。
じゃあ前半は?「バカンスみたいなものです」…海へ行くつもりじゃなかったみたいな?
確かにまだあたたかくて、半そでで十分な感じではありました。
関西も今一気に秋らしくなってきてます。
イベント当日、11月21日はもっと秋らしくなってるんだろうな。待ち遠しいです。
[PR]
by tpn-tmsk | 2009-10-11 11:55 | *ライヴやオンガクのこと